エリザベス女王杯は「GIがほしいわ」と熱望する熟女馬2頭で勝負だ

エリザベス女王杯は「GIがほしいわ」と熱望する熟女馬2頭で勝負だ

エリザベス女王杯は「GIがほしいわ」と熱望する熟女馬2頭で勝負だの画像

 今週末11月12日、京都競馬場では3歳以上牝馬によるGIエリザベス女王杯(芝2200m)が行なわれる。
 3冠戦線を戦ってきた3歳馬と古馬との能力比較など、さまざまな見どころがあるレースだが、今年は”悲願のGI制覇”を狙うスマートレイアー(牝7歳・大久保龍志厩舎)とルージュバック(牝5歳・大竹正博厩舎)の2頭に注目したい。

7歳牝馬スマートレイアーが京都大賞典で牡馬勢をなで斬り


 まずはスマートレイアー。今年7歳となるベテランだが、3歳4月のデビューから大きな故障もなく毎シーズン競馬場に姿を見せており、今回が28戦目となる。
 通常、競走馬のピークは4〜5歳が一般的だが、スマートレイアーは3歳時からGI秋華賞(京都・芝2000m)2着など一線級で実力を発揮し、前走のGII京都大賞典(10月9日/京都・芝2400m)では牡馬の強豪も破り、これまでのキャリアで最も格と賞金の高いレースを制している。これほど長い期間において能力を維持し続け、衰えを感じさせない牝馬というのは極めてまれな存在である。

 レースぶりも変幻自在だ。秋華賞は京都の芝2000mだったが、翌年のGII阪神牝馬S(阪神・芝1400m)では短距離も難なく対応。6歳時にはGIII東京新聞杯(東京・芝1600m)、GII阪神牝馬S(阪神・芝1600m)を逃げて連勝と、突然の脚質転換にも動じることなくあっさりと結果を残している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)