春はボロボロだった韓国。レジェンド宣銅烈は稲葉ジャパンに勝てるか

春はボロボロだった韓国。レジェンド宣銅烈は稲葉ジャパンに勝てるか

春はボロボロだった韓国。レジェンド宣銅烈は稲葉ジャパンに勝てるかの画像

 10月12日、『アジアプロ野球チャンピオンシップ』(11月16日に開幕)の公式記者会見に姿を見せた韓国の宣銅烈(ソン・ドンヨル)代表監督は、以前よりもふくよかになった印象を受けた。

2020年の東京五輪まで韓国代表の指揮を執る宣銅烈監督(写真右)

 彼がKIAタイガースの監督を辞めたのは2014年。その後、KBO(韓国野球委員会)において顧問的なポジションで仕事をこなしてきた。その間、2015年には『プレミア12』で韓国代表の投手コーチを務め、チームの優勝を支えた。今年3月に開催された第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でも投手コーチとして参加した(韓国は1次ラウンド敗退)。とはいえ、日常でグラウンドに立たなくなったのは事実。彼のふくよかさは、そんな時間の経過を感じさせた。
 宣銅烈が韓国代表の監督に決まったのが今年7月。韓国でも日本の侍ジャパンの常設化を参考に、大会ごとに監督を選任するのではなく、中長期的な視点で監督を選び、チームづくりを行なうことになっていた。
 その背景にあるのは、近年、韓国代表の国際大会での成績が芳(かんば)しくないという事実だ。前述したように、プレミア12には優勝したが、WBCでは2大会続けて1次ラウンドで敗退するなど波が大きい。
 いずれにしても、東京五輪で野球が復活することが決まり、韓国としては何らかの対策を講じる必要性が高まったというわけだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)