マイルCSは有力馬に隠れてパカパカ走る「人気薄3頭」で懐ポカポカ

マイルCSは有力馬に隠れてパカパカ走る「人気薄3頭」で懐ポカポカ

マイルCSは有力馬に隠れてパカパカ走る「人気薄3頭」で懐ポカポカの画像

 11月19日に行なわれるGIマイルCS(京都・芝1600m)は、実力伯仲の混戦模様だ。

 春のGI安田記念(6月4日/東京・芝1600m)を制したサトノアラジン(牡6歳)をはじめ、昨年2着のイスラボニータ(牡6歳)、GIスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)で連覇を遂げたレッドファルクス(牡6歳)に、前哨戦となるGIII富士S(10月21日/東京・芝1600m)を快勝したエアスピネル(牡4歳)や、GIIスワンS(10月28日/京都・芝1400m)を勝って4連勝を飾ったサングレーザー(牡3歳)など、有力馬は枚挙にいとまがない。

 ただし、それら有力馬も絶対視できるわけではない。それぞれ、何かしらの不安を抱えているからだ。

 サトノアラジンは、前走のGI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)で18着と惨敗。苦手な極悪馬場とはいえ、負けすぎの感は否めない。

 レッドファルクスは、やはり1200m戦がベスト。今春の安田記念では3着に入ったものの、得意の左回りだったことが大きい。右回りのマイル戦となると、全幅の信頼は置けない。

 イスラボニータやエアスピネルは安定感こそあるものの、その分、決め手に欠ける面がある。イスラボニータも3年前の皐月賞以降は、大舞台での勝利がない。ともに、GIではあと一歩足りないところが気になる。

 サングレーザーも4連勝の勢いは買うが、初のGIでどこまで……。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)