堀厩舎では「あり得ないくらい」絶賛。大器ブレステイキングは本物か

堀厩舎では「あり得ないくらい」絶賛。大器ブレステイキングは本物か

堀厩舎では「あり得ないくらい」絶賛。大器ブレステイキングは本物かの画像

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第26回:ブレステイキング

 GIジャパンカップ(東京・芝2400m)が11月26日に行なわれる。世界も注目するこのビッグレースの前に、話題の2歳馬がデビュー戦を迎える。

 美浦トレセン(茨城県)の堀宣行厩舎に所属するブレステイキング(牡2歳/父ディープインパクト)である。


厩舎の期待も大きいブレステイキング

 母のシユーマは、アイルランド生まれのフランス調教馬。欧州に限らず、カナダ、香港のレースにも参戦し、重賞戦線で活躍してきた名牝だ。4歳時には、サンチャリオットS(イギリス・芝1600m)とE.P.テイラーS(カナダ・芝2000m)と、ふたつのGIレースを制している。

 現役生活を終えたシユーマは来日し、繁殖牝馬として第2のキャリアをスタート。ブレステイキングのひとつ上の兄となるヘリファルテ(牡3歳/父ディープインパクト)を、すでに送り出している。

 そしてその兄の走りが、ブレステイキングへの期待を一層高めている。

 ヘリファルテは体質の問題からデビューが大幅に遅れ、3歳の4月にやっと初陣を迎えた。その初戦は、3歳未勝利(中山・芝2000m)。出走馬のほとんどがレースを経験している中、ヘリファルテは初出走のハンデをモノともせず、後方から鋭い決め手を披露してデビュー勝ちを飾った。
 2戦目は、ダービートライアルとなるオープン特別のプリンシパルS(東京・芝2000m)に果敢に挑戦した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)