香川真司の再スタートは、ハリルに「落選」を後悔させるプレーできず

香川真司の再スタートは、ハリルに「落選」を後悔させるプレーできず

香川真司の再スタートは、ハリルに「落選」を後悔させるプレーできずの画像

 ブンデスリーガ第12節シュツットガルト対ドルトムントは注目の一戦だった。日本代表の欧州遠征直後だったこともあり、日本人報道陣はいつもの倍。テレビ取材も通常1社のみに許可されることが多いのだが、この日は3社。もちろん、代表帰りの浅野拓磨への取材というより、代表落選後の再スタートを切る香川真司のプレーとコメントをおさえることが、ほとんどのメディアにとって、この日のメインテーマだった。

 また、このタイミングであるスポーツ紙に、非公開練習後、車で帰路につく香川を直撃した記事が掲載された。そこで取材に答える香川のコメントを読むと、本人が話す機会を求めているようにも感じられた。そんなこともあって、ブラジル戦、ベルギー戦を観戦した後の香川が公の場で何を話すのか、日本メディアが殺到したのだ。


シュツットガルト戦に先発、後半18分までプレーした香川真司(ドルトムント)

 一方、ドイツメディアも多く集まっていた。金曜日開催のブンデス1部の試合はこの試合のみ。人員的に取材しやすいということもあるが、それ以上に、ドイツ杯を除いてここ7戦勝利がなく、連敗中のドルトムントへの注目は日増しに高まっている。最大の焦点は監督人事がどうなるのか。またこの日は、素行不良によりエースのオーバメヤンがメンバーから外れたことも大きな話題となっていた。

 ドルトムントにとっては、悪い流れを断ち切りたいという一心で臨んだ試合だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)