浅野拓磨、快足飛ばすもゴールならず。「技術と判断力を上げたい」

浅野拓磨、快足飛ばすもゴールならず。「技術と判断力を上げたい」

浅野拓磨、快足飛ばすもゴールならず。「技術と判断力を上げたい」の画像

 欧州サッカーでのアウェーは、文字通りの”敵地”だ。
 国際Aマッチウィーク明けのブンデスリーガ第12節で、浅野拓磨の所属するシュツットガルトはホームにドルトムントを迎え、昇格1年目の彼らが昨季のリーグ3位であるビッグクラブを2−1で下した。

途中出場するも、ゴールなしに終わった浅野

 その要因のひとつに、メルセデス・ベンツ・アリーナに集まった5万8932人の観客による圧力があったことは間違いない。事実、シュツットガルトは今季、リーグのアウェー戦で全敗しているのに対し、ホームでは一度も負けていない。
 一方のドルトムントは、この試合前の4戦でリーグ戦の勝利から見放されており、10月以降の勝利はドイツ杯で3部のマクデブルク相手に挙げたのみ。ペーター・ボシュ監督の去就が注目されはじめていた。それでも代表戦ウィークの休みは、いいリフレッシュになることもある。仕切り直しの一戦なだけに、ドルトムントの選手たちは気持ちを高めてこの試合に臨んでいたはずだ。

 ところが、その精神の高揚は悪い方向に作用する。開始早々の5分、CBマルク・バルトラとGKロマン・ビュルキが自陣ゴール付近でパス交換を誤り、チャドラク・アコロにボールをさらわれて先制を許してしまう。
 そのゴールについて、香川真司は「アウェーで戦うことの難しさは感じていたし、先制されてさらに勢いを与えてしまった」と振り返った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)