ジェフ千葉、ミラクル昇格に望み。アルゼンチン流攻撃サッカーが炸裂

ジェフ千葉、ミラクル昇格に望み。アルゼンチン流攻撃サッカーが炸裂

ジェフ千葉、ミラクル昇格に望み。アルゼンチン流攻撃サッカーが炸裂の画像

後半ロスタイム、劇的な勝ち越しゴールを決めた近藤直也(ジェフ千葉)

 11月19日、J2最終節。J1昇格プレーオフ進出を懸けた争いは熾烈を極めていた。名古屋グランパスとアビスパ福岡はすでに4位以内を確定させ、プレーオフ出場資格を得ていたが、5位、6位は僅差の争いで、徳島ヴォルティス(5位・勝点67)、東京ヴェルディ(6位・67)、松本山雅(7位・66)、ジェフ千葉(8位・65)の4チームが2枠を争う構図だった。

 東京V対徳島、松本対京都サンガ、千葉対横浜FC。最終節で5位、6位争いに関わるのはこの3試合だった。勝てば自動的にプレーオフ進出が決まる徳島、東京V、松本の3チームに対し、千葉だけは「他力」だった。勝利を収めても、この3チームのうち2チームが勝利すれば、あるいは、東京V対徳島が引き分ければ、勝ち点で届かない苦しい立場に置かれていた。

 すべて同じ時刻にキックオフされたこの3試合。終盤を迎えた段階で、東京V対徳島は1−1、松本対京都は0−1、そして千葉対横浜FCは1−1だった。5位と6位は徳島と東京Vで決まるのか。そんなムードが漂う中で事態は急変した。味の素スタジアムで行なわれていた東京V対徳島の88分、1−1の均衡が破れた。内田達也のゴールで東京Vがリードを奪ったのだ。
 1−1で推移していたフクダ電子アリーナの千葉対横浜FCが、俄然、面白くなった瞬間である。千葉はそれまで横浜FCを圧倒。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)