ジャパンカップの打倒キタサンを検証。サトノクラウンなら十分勝てる

ジャパンカップの打倒キタサンを検証。サトノクラウンなら十分勝てる

ジャパンカップの打倒キタサンを検証。サトノクラウンなら十分勝てるの画像

今週末11月26日、東京競馬場では3歳以上によるGI・ジャパンカップ(芝2400m)が行なわれる。

 昨年の勝ち馬であり、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)でGI6勝目を挙げた現役最強馬キタサンブラック(牡5歳・清水久詞厩舎)が最大の注目馬と言えるが、1着賞金3億円というGI中のGIレースだけに、海外を含めGI馬9頭と現役のトップクラスが揃い、ハイレベルの戦いが期待される。


前走の天皇賞・秋でキタサンブラックに食い下がったサトノクラウン(右)。逆転はあるか

 そのなかから前走の天皇賞でキタサンブラックに次いで2着となったサトノクラウン(牡5歳・堀宣行厩舎)に注目してみよう。サトノクラウンはキタサンブラックと同期で、同じようにデビューから3連勝。GIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)、GII弥生賞(中山・芝2000m)の2重賞を制し、GI日本ダービーでも3着となった。しかし、3歳秋のGI菊花賞を制してトップホースの仲間入りをしたキタサンブラックに対し、GI勝ちは4歳暮れの香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)とかなり出世は遅れた。

 とはいえ、そのレースで破ったハイランドリールは前年の同レース勝ち馬で、英GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS、米GI のBCターフなど、世界各国のビッグレースを勝利していた絶対的存在。その馬を負かした走りは世界的にも大きなインパクトを残し、一躍、世界に名を知られる存在となった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)