「1カ月に2万球打てば…」松山英樹が上機嫌で語るメジャー制覇対策

「1カ月に2万球打てば…」松山英樹が上機嫌で語るメジャー制覇対策

「1カ月に2万球打てば…」松山英樹が上機嫌で語るメジャー制覇対策の画像

 国内ツアー今季初出場となるダンロップフェニックス(11月16日〜19日/宮崎県)において、3年ぶりの優勝を狙った松山英樹は、通算10アンダーの5位で終えた。

最終日、3番ホールでホールインワンを決めた松山英樹

 1番パー4を”おはようバーディー”でスタートした最終日、最大の見せ場となったのは、実測175ヤードの3番パー3で決めた”エース(ホールインワン)”だった。

 豪放な鹿児島や熊本といった隣県に比べたら、おとなしい県民性の宮崎のギャラリーからも、ピンの2m手前から転がったボールがカップへと消えると、一瞬の静寂のあと、本当に地鳴りに感じられるような大歓声が挙がった。

「試合でやるのは初めて。生涯では3回目です。いい所に落ちたなと思ったんで、『入っちゃえ』と思ったら(ボールが)消えた。一瞬、間があったので入らなかったのかと思ったんですけど、すぐに歓声が起きて……」

 ホールインワンの直後は、「(足下が)フワフワした感じになる」という話を仲間から聞いていた。

「初めて、そのフワフワする感覚がわかりました。だから、4番のティーショットはすごく怖かったですね(笑)。曲がるんじゃないか、って」

 首位を独走していたブルックス・ケプカ(27歳/アメリカ)に対して、3日目を終えた時点で松山は、「奇跡的に50台が出ればチャンスはある」と話していたが、言葉どおりの猛チャージを期待させる出だしだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)