全豪の錦織戦がターニングポイント。フェデラーが復活の1年を振り返る

全豪の錦織戦がターニングポイント。フェデラーが復活の1年を振り返る

全豪の錦織戦がターニングポイント。フェデラーが復活の1年を振り返るの画像

ATPファイナルズでベスト4に進出したロジャー・フェデラー。来季の活躍も楽しみだ

 ロジャー・フェデラーが華麗なる復活を遂げたシーズンが終わった――。

 ワールドテニス男子ツアーの最終戦であるATPファイナルズで、フェデラー(2位、スイス、ランキングは大会時、以下同)は、大会前に不安視されていた腰の故障を払拭し、ラウンドロビン(総当たり戦)3連勝でグループ1位通過を決め、14回目の準決勝進出を果たした。

 得意のフォアハンドストロークやサーブが好調で、ネットプレーも織り交ぜながら36歳という年齢を感じさせない、流れるような美しいオールラウンドプレーを披露した。もし、テニスにフィギュアスケートのような芸術点があるとしたら、フェデラーは間違いなく高得点を獲得するだろう。

 準決勝では、試合終盤に少し疲れを見せたフェデラーがダビド・ゴフィン(8位、ベルギー)に6−2、3−6、4−6で逆転負けを許し、11度目の決勝進出はならなかった。だが、彼の年齢を踏まえれば、ベスト4でも十分な結果と言えるだろう。

 最終的にフェデラーのランキングポイントは9605点となり、2017年の年間ナンバーワンになったラファエル・ナダル(スペイン)の10645点まで、かなり追い上げたものの、あと少し届かなかった。フェデラーは、ナダルこそ年間王者にふさわしいと認め、彼のカムバックを喜んだ。

「ラファの方がよかったし、彼にとって素晴らしいシーズンだった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)