アジア人対決も韓国代表FWに軍配。香川真司の夢を砕いたトッテナム

アジア人対決も韓国代表FWに軍配。香川真司の夢を砕いたトッテナム

アジア人対決も韓国代表FWに軍配。香川真司の夢を砕いたトッテナムの画像

 トッテナム・ホットスパーは、1882年に創設されたロンドンの名門クラブだ。過去にはガリー・リネカーやポール・ガスコイン、ダビド・ジノラ、テディ・シェリンガムなどのスター選手が在籍している。しかしながら、近年は成功とは無縁の日々を過ごしてきた。イングランド1部リーグのタイトルを獲得したのはわずか2回。それも直近のもので1961年まで遡らなければならない。
 だが、3年前にマウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任してからは着実に力をつけ、今やビッグトロフィーの獲得を現実的な目標とするまでになっている。11月21日に行なわれた、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦(グループリーグ第5節)の前日会見で、45歳のアルゼンチン人監督は「2、3年前と比べると、成長した自分たちの姿にとても満足している」と語った。

ドルトムント戦を勝利に導いた、ハリー・ケインとソン・フンミン

 個人的に彼の会見に参加するのは初めてだったが、想像の通り、深みのある男の姿がそこにはあった。そして、ポチェッティーノはこう続ける。
「今では、CLやプレミアリーグの優勝を期待されるようになった。人々が我々を批判することも歓迎する。それは期待の裏返しでもあるのだから」

 その会見の翌日、サポーターの熱と威圧感では欧州でも有数と言っていいドルトムントのホームスタジアム(BVBシュタディオン)で、彼らは見事な逆転勝利を収めた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)