グリーズマンの「漫画みたいなシュート」でアトレティコは生き返るか

グリーズマンの「漫画みたいなシュート」でアトレティコは生き返るか

グリーズマンの「漫画みたいなシュート」でアトレティコは生き返るかの画像

 アトレティコ・マドリードの本拠地、ワンダ・メトロポリターノで22日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節、アトレティコ対ローマの一戦は、アントワーヌ・グリーズマンの2得点に絡む活躍で、アトレティコが2対0と勝利し、最終節に決勝トーナメント進出の望みをつないだ。

 その瞬間、アトレティコのエースは自然と右手の甲を空に突き出していた。


ローマ戦でスーパーゴールを決めたアントワーヌ・グリーズマン

「チームは家族」と常々語っている監督ディエゴ・シメオネにとって愛おしい息子のひとりであるグリーズマンが、69分、アンヘル・コレアの左からのクロスを、まるでマンガのような美しいバイシクルシュートでローマゴールに突き刺した直後のことだ。

 左コーナーでは、直近の9試合無得点でアトレティコ不調の戦犯と呼ばれたフランス代表FWを中心にチームメイトが輪を作ると、ワンダ・メトロポリターノに集まったアトレティコ・マドリードのファミリーも大きな歓喜に包まれた。そしてグリーズマン、シメオネ、チーム全体へのチャントが熱気に溢れたスタジアムに響き渡った。

 前半は今シーズンのアトレティコを象徴するような低調な内容だった。試合前に負傷したフアンフランの穴をMFのトーマスが埋めたが、徹底的にその右サイドをローマに攻められ、主導権を握られた。
 安定しない守備、つながらないパス、連動性のない淡白な攻撃、ハンドで取り消されたアウグスト・フェルナンデスのゴールに象徴される不運……すべての要因が少しずつ、今季のアトレティコの歯車を狂わせていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)