馬名が「世界制覇」。ヴェルテアシャフトは池江調教師も認める超大物

馬名が「世界制覇」。ヴェルテアシャフトは池江調教師も認める超大物

馬名が「世界制覇」。ヴェルテアシャフトは池江調教師も認める超大物の画像

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第27回:ヴェルテアシャフト

 サラブレッドの名前には、多かれ少なかれ、それに関わる人たちの”思い”が込められているものだ。

 実は今週、「世界一の馬になってほしい」という願いから名づけられた2歳馬がデビューを迎える。栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するヴェルテアシャフト(牡2歳/父ディープインパクト)である。


デビューに向けて万全な状態にあるヴェルテアシャフト

 馬名のヴェルテアシャフトとは、ドイツ語で「世界制覇」を意味する。そこから、この若駒への期待の大きさが伝わってくるが、そう名づけたくなるだけの理由もある。

 第一に、一流の血筋であること。母のヒルダズパッションは、アメリカで現役生活を送り、GIバレリーナS(アメリカ・ダート1400m)を制覇したほか、GIIが3勝、GIIIも1勝を誇る名牝だ。

 さらに同馬は、引退後に日本で”母”となってからも、素質ある子どもたちを次々に送り出し、その血筋の優秀さを高めている。

 2013年生まれのジークカイザー(牡4歳/父ディープインパクト)は、デビュー戦、500万下特別と2連勝を飾った逸材。その後、ケガに悩まされてクラシック戦線には乗れず、復帰後も足踏みが続いているが、優れた素質を秘めていることは間違いない。
 2014年生まれのヨシダ(牡3歳/父ハーツクライ)は、日本で生まれたあと、アメリカに渡って現役生活をスタート。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)