ヨルダン戦で2ゴール。なでしこ岩渕真奈はもうスーパーサブじゃない

ヨルダン戦で2ゴール。なでしこ岩渕真奈はもうスーパーサブじゃない

ヨルダン戦で2ゴール。なでしこ岩渕真奈はもうスーパーサブじゃないの画像

 12月8日から日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権決勝大会(東アジア選手権)を前に、なでしこジャパンはヨルダン遠征を敢行した。そして来年行なわれるアジアカップの開催地で格下のヨルダン相手にゲームを支配し続け、2−0で勝利をおさめた。この結果をどうとらえるか――。

FWとしての役割をしっかりと果たした岩渕真奈

 現地入りしてからのトレーニングは、対ヨルダンではなく完全にE-1大会を視野に入れたものだった。先月行なわれたスイスとの一戦では着手できなかった守備にも時間を割き、ファーストディフェンスのタイミングや2度追いの習慣化を徹底した。
 一方の攻撃面では、ワンタッチパスでリズムを生むコンビネーションや、最終ラインからの組み立てなど、3日間という短い期間ではあったが2部練習を組んで、これまでの海外遠征で露呈していた課題に取り組んだ。
 まだまだ女子サッカー界では発展途上にあるヨルダン。守備を固めてくるであろう相手をどう崩していくのか。日本にとって、この試合は確かな攻撃の手応えがほしいと臨んだ一戦だ。
 センターバックは熊谷紗希(リヨン)と三宅史織(INAC神戸)、右サイドバックに大矢歩(愛媛FC)、左サイドバックに万屋美穂(ベガルタ仙台L)と、最終ラインは成長を促したい人員中心の配置となった。2列目は、ボランチの阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)の相棒に猶本光(浦和レッズL)。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)