ブラジル超高速カウンターの止め方。吉田麻也が挙げた3つのポイント

ブラジル超高速カウンターの止め方。吉田麻也が挙げた3つのポイント

ブラジル超高速カウンターの止め方。吉田麻也が挙げた3つのポイントの画像

 11月に行なわれた日本代表の欧州遠征で、強烈な印象を残したのがブラジル代表の高速カウンターだった。


ブラジルの高速カウンターに対応できず、日本代表は失点を重ねた

 ボールスキルなど圧倒的な個の力を有していながら、ブラジル代表の選手たちは高いアスリート能力と機動力を併せ持つ。戦い方も「試合巧者」の表現がふさわしく、試合状況や日本の状態に応じて「ポゼッション」と「ショート&ロングカウンター」を巧みに使い分けていた。なかでも、前半に2度の決定機をもたらしたカウンターアタックは、日本にとって脅威であった。

 そんなブラジルの速攻は、プレミアリーグで切磋琢磨している吉田麻也(サウサンプトン)の目に、どのように映ったのか。

 ボールを奪って素早く前線に仕掛ける攻撃を「現代フットボールの真骨頂」と日本代表DFは表現し、「マンチェスター・シティやリバプール、トッテナムなど、プレミアリーグのトップクラブはどこもやっている」と説明する。

 もともと、試合展開や攻守の切り替えが極めて速いプレミアリーグにおいて、「ゲーゲンプレス」を標榜するユルゲン・クロップ監督率いるリバプールや、カウンターとポゼッションを巧みに使い分けるマンチェスター・Cなど、「ボール奪取→速攻」をチーム戦術の核として取り入れているチームは多い。しかし、そんなプレミアリーグで在籍6季目を迎える吉田でも、ブラジルのカウンタースピードには「驚いた」という。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)