チャンピオンズCは「隠密の穴馬4頭」が尾張の埋蔵金をザクザク掘る

チャンピオンズCは「隠密の穴馬4頭」が尾張の埋蔵金をザクザク掘る

チャンピオンズCは「隠密の穴馬4頭」が尾張の埋蔵金をザクザク掘るの画像

 GIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)が12月3日に行なわれる。ダート界の頂点を決する一戦とあって、今年も中央、地方交流合わせてGI通算10勝のコパノリッキー(牡7歳)や、昨年の覇者サウンドトゥルー(せん7歳)をはじめ、GI(海外、地方交流も含む)勝ち馬が8頭参戦。この夏の上がり馬も合わせて、超豪華なメンバーが顔をそろえた。

 それだけに激しいレースが予想され、波乱が起きて思わぬ結末を迎える可能性もある。しかも、2014年に現在の中京開催となってから、過去3年で1番人気は2着が1回あるのみ。勝ち馬は、2番人気、12番人気、6番人気と、まさに穴党向きのレースだ。

 そんなレースの傾向を踏まえて、デイリー馬三郎の木村拓人記者は今年のレースの展開についてこう占う。

「追い込み馬が台頭しやすいレースで、今年も前に行く馬が多いことから、昨年の勝ち馬で、前走でも地方交流GIのJBCクラシック(11月3日/大井・ダート2000m)を制したサウンドトゥルーが人気の中心になりそうです。

 ただ、自分で動いてレースを作るタイプではないので、(本命視するには)どうもピンとこない。しかも、この馬の動き出しに合わせてライバルたちが動くとなれば、4コーナー手前からかなり前がかりになる気がします。そうなると、そこで”死んだふり”ができる馬が狙い目になるのではないでしょうか」

 追い込み馬が台頭しやすい理由については、日刊スポーツの太田尚樹記者がこう補足する。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)