アントラーズ、よもやのV逸。「王者のメンタリティ」が最後に仇となる

アントラーズ、よもやのV逸。「王者のメンタリティ」が最後に仇となる

アントラーズ、よもやのV逸。「王者のメンタリティ」が最後に仇となるの画像

 首位鹿島アントラーズの勝ち点は71。追いかける2位川崎フロンターレは69。Jリーグの優勝争いは勝ち点2差で、最終節にもつれ込んだ。

 川崎の相手は、降格が決まり元気のない大宮アルディージャ。しかもホームでの対戦だ。一方、鹿島の相手はジュビロ磐田。当初、降格候補と目されていたが、リーグ戦中盤から調子を上げ、最終節を前に5位にまで順位を上げてきたチームとのアウェー戦だ。

 優勝の可能性はどちらが高いかと言えば、鹿島ではなく川崎だった。鹿島は追い詰められていた。前節の柏レイソル戦は、7対1という枠内シュートの数が物語るように、内容で大きく上回りながら0−0の引き分け。同様に前節、浦和レッズに圧倒的に押し込まれながら1−0で勝利を拾った川崎とは、まさに対照的な姿を描いていた。お互いの関係は、この最終節を前に事実上逆転していた。


優勝を逃し、しょう然とした表情でピッチを去る金崎夢生ら鹿島アントラーズの選手たち

 だが、鹿島はスロースターターだ。前半から積極的に攻め立てることはしない。早々に失点を食らうことを警戒し、王者らしく慎重な姿勢でゲームに入ろうとする。磐田戦も例外ではなかった。それは一方で、後半に強い理由でもあるのだが、絶対に勝たなければならない立場に追い込まれたチームの戦い方と、これは矛盾する。
 攻める磐田。守る鹿島。振り返れば、鹿島、川崎両チームの明暗を分けたポイントは、この関係で推移した前半の戦いにあった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)