「落ちない甲府」のJ2転落。ファンは日が暮れても選手に寄り添った

「落ちない甲府」のJ2転落。ファンは日が暮れても選手に寄り添った

「落ちない甲府」のJ2転落。ファンは日が暮れても選手に寄り添ったの画像

 試合後、1時間半が経ったにもかかわらず、セレモニーは終わらなかった。日が暮れて冷え込みが厳しくなってきたが、スタンドのファンは律儀に社長、監督、選手のスピーチを見守った。そして慈愛に満ちた声援を送る。クラブ一筋17年で現役引退を決めた選手への惜別と餞(はなむけ)の気持ちもあったのだろう。

 何かを成し遂げたチームがそこにいるかのようだった。しかし、最終節で劇的な勝利を収めたものの、J1から降格することが決まった。それが厳しい現実だった。


劇的勝利を収めたにもかかわらず、J2降格が決まったヴァンフォーレ甲府の選手たち

 12月2日、山梨中銀スタジアム。J1最終節、16位ヴァンフォーレ甲府は11位ベガルタ仙台を迎えている。甲府がJ1に残留するには、「残留圏の15位清水エスパルスが引き分け以下」という条件つきで、勝利が至上命令だった。

 一方の仙台はタイトルや残留などがかかっていたわけではなかったが、”消化試合”という気の緩みは見えない。

「ビジターのチケットは完売したそうです。(ファンのおかげで)目の前の目標を思い出させてもらいました。チームとしても前々泊して調整し、”最後の試合、勝ってみろ”というシチュエーションを作ってもらった」(仙台・渡邉晋監督)
 仙台はボールをつなげ、運ぼうとしている。それは1シーズン、取り組んできた戦い方だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)