「鳥栖が優勝する下地はできた」説は本当か? 今季8位の価値を検証

「鳥栖が優勝する下地はできた」説は本当か? 今季8位の価値を検証

「鳥栖が優勝する下地はできた」説は本当か? 今季8位の価値を検証の画像

「鳥栖は優勝する下地が整った」

 マッシモ・フィッカデンティ監督のもと、8位で終えた2017年シーズンを、地元メディアはそう伝えている。

 リーグ終盤、サガン鳥栖は新戦力がチームにフィットし、機能し始めた。今年3月に入団して圧倒的な存在感を放つ元コロンビア代表、ビクトル・イバルボの1トップを軸にした4−3−2−1というシステムが定着。シーズン半ばに鎌田大地を失った(フランクフルトへ移籍)ものの、災い転じて福となした。
 
 フィッカデンティ・鳥栖は初優勝に向け、準備が整ったのか?


1トップとしてサガン鳥栖の攻撃を牽引したビクトル・イバルボ

 鳥栖が最も優勝に近づいたのは、2014年8月だろう。第18節終了段階で首位に立っていた。当時、チームを率いていたのは尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督。だが、理由は判然としないまま、解任されることになった。尹体制は2011年にJ1昇格を遂げ、2012年には5位に躍進。2013年は12位に低迷したが、2014年は戦うスタイルを確立し、実績を重ねつつあった。

「ハードワークと献身」
 言葉にするとあまりに陳腐だが、それを武器とするまで極めていった。「蹴って走るサッカー」と揶揄(やゆ)する声もあったが、それだけでJ1上位には入れない。パス練習でも、ディテールを突き詰めていった。距離を伸ばしてのパス交換で、いかに集中できるか。パスの相手のクセを知り、自分の特徴を伝えられるか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)