阪神JFは荒れて当然。「気まぐれ少女の穴馬3頭」がボーナス支給だ

阪神JFは荒れて当然。「気まぐれ少女の穴馬3頭」がボーナス支給だ

阪神JFは荒れて当然。「気まぐれ少女の穴馬3頭」がボーナス支給だの画像

 2歳牝馬の女王を決めるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。阪神・芝1600m)が12月10日に行なわれる。

 今後の飛躍が期待される”才女”が集うなか、最も注目されているのは、新種牡馬オルフェーヴルの娘となる2頭。ロックディスタウンとラッキーライラックである。

 どちらも2戦2勝。ロックディスタウンはGIII札幌2歳S(9月2日/札幌・芝1800m)を、ラッキーライラックはGIIIアルテミスS(10月28日/東京・芝1600m)を制し、すでにトップレベルの強さを証明している。

 とはいえ、まだ幼さが残る2歳馬。キャリアも浅く、人気馬同士で決着するとは限らない。その分、波乱が起こる可能性は大いにある。

 ならば、今回も過去10年の結果を参考にして、穴馬を探し出してみたい。

 まず着目すべきは、新馬もしくは未勝利を勝ったあと、続く500万特別と2連勝を飾って挑んできた馬たちだ。

 例えば、2013年に8番人気で3着と奮闘したフォーエバーモアは、新馬、500万特別と連勝してこの舞台に臨んできた。翌2014年に5番人気で1着となったショウナンアデラも、デビュー戦で2着のあと、未勝利、500万特別と勝ち星を重ねての参戦だった。

 新馬もしくは未勝利を勝って、続く500万下のレースも連勝することは、実力がなければできない。通常、そういった馬は上位人気になりやすいが、連勝した内容や相手関係から、今ひとつ人気が上がらないケースも出てくる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)