岡崎慎司の教えを胸に。ドイツ8部から這い上がる日本人選手の思い

岡崎慎司の教えを胸に。ドイツ8部から這い上がる日本人選手の思い

岡崎慎司の教えを胸に。ドイツ8部から這い上がる日本人選手の思いの画像

日本×ドイツ〜バサラマインツ物語@後編
 ドイツ8部リーグに所属するバサラマインツは、ドイツでチャレンジする日本人サッカー選手が現地のサッカーに順応するのを手助けするためのクラブである。選手の多くはバサラマインツを踏み台にして、1年ほどでステップアップしていくから、毎年、日本人選手のほとんどが入れ替わる。
「日本×ドイツ〜バサラマインツ物語@前編」はこちら>>>

バサラマインツには多くの日本人選手が在籍している

 そのなかで、キャプテンの日高拓哉(25歳)はクラブ創設以来、4シーズンにわたってバサラマインツでプレーし続けてきた。
 2014−2015シーズン(11部)は53ゴール・35アシスト、2015−2016シーズン(10部)は29ゴール・26アシスト、2016−2017シーズン(9部)は39ゴール・26アシスト。日高が残してきた数字は、リーグのレベルを差し引いてもすごい。クラブ設立からずっとプレーし続けてきたことも含め、日高こそ「ミスター・バサラマインツ」にふさわしい。
 日高もまた、日本での”やり残し感”を抱えてドイツに渡ってきた選手だった。セレッソ大阪ジュニアユース、桃山学院大学付属高校から大学に進学したものの、そこのサッカー部の方針と自身のサッカー観が合わず退部。しかし、やはり「サッカーを続けたい」という気持ちを捨てることはできず、ドイツ6部リーグのインゲルハイムに入団した。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)