堂安律を直撃。驚異のコミュ力でチームに君臨、ロシアW杯代表も狙う

堂安律を直撃。驚異のコミュ力でチームに君臨、ロシアW杯代表も狙う

堂安律を直撃。驚異のコミュ力でチームに君臨、ロシアW杯代表も狙うの画像

オランダで充実した日々を送っているという堂安律

「毎日がめっちゃ楽しい。ここにきてホンマによかった」

 2017年6月23日、ガンバ大阪からオランダのFCフローニンゲンへの移籍を発表。日本を旅立ってからおよそ5カ月半、久しぶりに会った堂安律は開口一番、そう言って笑顔を見せた。

 その”楽しさ”は、フローニンゲンでの充実ぶりを示している。事実、昨年末に取材した直近のリーグ戦では、11試合続けて先発出場(第16節終了時点)。そうして、コンスタントに公式戦のピッチに立ってプレーしていることは、彼の”楽しさ”を増幅させ、新たな欲を抱くきっかけにもなっているようだ。

 そんな彼は今、自身が描く未来予想図に向かってどんな日々を過ごしているのか。オランダに渡った19歳のチャレンジに触れた――。

――念願の海外移籍を実現して5カ月半。イメージしていたとおりの時間になっていますか。

「イメージ以上です。日本にいるとき以上に、自分に対しても、これから先の未来についても、可能性が膨らんだ気がするし、より将来が見えやすくなったようにも思います。

 正直、ここに来るまではもっと過酷だと思っていたし、特にピッチ外で苦労すると覚悟していたけど、(それとは裏腹に)今はあまりにもチームメイトと仲よくなり過ぎていて……自分のコミュニケーション能力に驚いています(笑)」
――コミュニケーションを深めるうえで、意識したことはありますか。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)