堅いAJCCが荒れるとき、現れるタイプと同じ穴馬が今年も3頭いた

堅いAJCCが荒れるとき、現れるタイプと同じ穴馬が今年も3頭いた

堅いAJCCが荒れるとき、現れるタイプと同じ穴馬が今年も3頭いたの画像

 1月開催の中距離重賞として歴史ある一戦、GIIアメリカジョッキークラブカップ(以下、AJCC。中山・芝2200m)が1月21日に行なわれる。

 実はこのレース、7番人気で勝った昨年のタンタアレグリアを除くと、過去10年の勝ち馬はすべて5番人気より上位。比較的人気馬の強いレースと言える。

 とはいえ、2014年に11番人気で2着に突っ込んできたサクラアルディートをはじめ、ともに9番人気で2着に入った2008年のトウショウナイトや2010年のシャドウゲイトなど、伏兵馬の台頭も何度かあって、波乱の展開も十分に想定されるレースだ。

 そこで今回も、かつて穴を開けた馬たちを参考にして、一発が期待できそうな存在を探し出してみたい。

 まず取り上げたいのは、先述のトウショウナイトとシャドウゲイト。この2頭はそれまでに重賞実績がありながらも、勝ち星から遠ざかっていたため、すっかり人気を落としていた。

 トウショウナイトは、1年2カ月前にGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)で重賞初制覇。その後も、GII京都記念(京都・芝2200m)で3着、GII日経賞(中山・芝2500m)で2着と重賞で好走歴があった。

 ただ、アルゼンチン共和国杯以降は勝ち星がなく、翌年連覇が期待された同レースで14着に沈むと、続くオープン特別でも9着と惨敗。そのあとのGIII中山金杯(中山・芝2000m)でも見せ場なく11着に敗れて、AJCCを迎えた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)