根岸Sの穴馬条件「8歳馬、伸び盛り、地方番長」が今年も3頭いるぞ

根岸Sの穴馬条件「8歳馬、伸び盛り、地方番長」が今年も3頭いるぞ

根岸Sの穴馬条件「8歳馬、伸び盛り、地方番長」が今年も3頭いるぞの画像

 GIフェブラリーS(2月18日/東京・ダート1600m)の前哨戦となるGIII根岸S(東京・ダート1400m)が1月28日に行なわれる。

 長年の競馬ファンであれば、このレースの予想は「難しい」という印象があるかもしれない。というのも、ここでは頻繁に波乱が起こっているからだ。

 過去10年のレースを振り返ってみても、3着以内に10番人気以下の伏兵馬が突っ込んできたケースが5回もある。例えば、2010年には11番人気のグロリアスノアが大金星を挙げ、2015年には16頭中15番人気のアドマイヤロイヤルが3着に入って、あッと驚かせている。

 こうした結果から「難解なレース」といったイメージが強いかもしれないが、裏を返せば、それだけ高配当が期待できるということでもある。そこで今回も過去10年の結果をヒントにして、波乱を起こしそうな穴馬を見つけ出してみたい。

 まず目につくのは、激走馬の多くが”8歳馬”ということである。

 先述のアドマイヤロイヤルをはじめ、2011年に10番人気で3着となったダイショウジェット、2016年に10番人気で3着に入ったグレープブランデーなど、ふた桁人気で馬券圏内に絡んできた馬のほとんどが、8歳馬なのだ。

 その他にも、5番人気で3着となった2014年のシルクフォーチュン、6番人気で2着に入線した2016年のタールタンなど、高齢8歳馬の活躍が目立つ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)