根岸Sは有力3頭に、新鋭・荻野極のアキトクレッセントが割って入る

根岸Sは有力3頭に、新鋭・荻野極のアキトクレッセントが割って入る

根岸Sは有力3頭に、新鋭・荻野極のアキトクレッセントが割って入るの画像

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 2018年の競馬も、早くもひと開催終了して、およそ2カ月ぶりに東京開催を迎えます。

 ご存知のとおり、日本を代表する”大箱コース”の東京競馬場は、1周2000mを超える芝コースがあり、その内側を回るダートコースも1周約1900mもあります。そのうえ、コーナーが緩やかで馬場の幅員も広く、小回りでぐるぐる回っているように感じる中山コースと比較して、乗っていても、とてもゆったりしていて乗りやすいコースです。

 その東京開催の開幕週に行なわれる重賞は、GIフェブラリーS(2月18日/東京・ダート1600m)の前哨戦となる根岸S(1月28日/東京・ダート1400m)です。

 本番となるフェブラリーSはマイル戦となりますが、このレースは1ハロン短い1400m戦。以前にも触れたことがありますが、たった200mの違いですが、コースの性格はかなり異なります。

 まずマイル戦は、2コーナーを回ったポケット付近からスタート。発走直後は芝の上を走るため、芝適性の差がポジション取りにやや影響するところがありますが、最初のコーナーとなる第3コーナーまで、向正面をいっぱいに使った直線が続きます。そのため、ジョッキーの心理的に焦ることは少なく、ポジション争いは熾烈にならず、比較的ペースは落ちつくことが多いですね。

 一方、1400m戦では、出足から引っ張る馬がいると、最初のコーナーがあっという間に迫ってきます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)