1セットも落とさぬ36歳フェデラーが全豪決勝でチリッチを迎え撃つ

1セットも落とさぬ36歳フェデラーが全豪決勝でチリッチを迎え撃つ

1セットも落とさぬ36歳フェデラーが全豪決勝でチリッチを迎え撃つの画像

全豪オープンでは初の決勝進出となるマリン・チリッチ

 全豪オープンの男子決勝は、メルボルンで初の決勝進出を果たした第6シードのマリン・チリッチ(6位、1月15日付、クロアチア)と、7回目の決勝進出となる第2シードのロジャー・フェデラー(2位、スイス)で争われることになった。
 チリッチは準決勝でノーシードから勝ち上がったカイル・エドモンド(49位、イギリス)を、6−2、7−6(4)、6−2で退け、グランドスラムでは昨年のウインブルドン以来となる3回目の決勝進出を果たした。
「自分のパフォーマンスをとてもうれしく思う」と語るチリッチは、得意のサーブが好調で、今大会は準決勝までで107本(今大会2位)のサービスエースを奪い、ファーストサーブでは82%のポイント獲得率を誇る。
「昨年に比べて向上していると思うし、よりアグレッシブにプレーしている。ほとんどのショットで、打つ時のフィーリングが本当にとてもいいんだ」
 また、技術面だけでなく、29歳になった今でも、「フィジカルが本当に充実していると感じる」と自信をのぞかせる。
 チリッチは決勝進出時点で自己最高となるランキング3位になることが確定しており、さらなる弾みをつけて全豪での初タイトル獲得に挑む。
「決勝を戦えることと優勝を目指すことは、自分にとって大きなモチベーションになる」
 一方、ディフェンディングチャンピオンであるフェデラー(2位)は、準決勝でチョン・ヒョン(58位、韓国)が右足のマメの悪化により試合を途中棄権したため、6−1、5−2(ret)で勝ち、全豪で7回目(大会最多)、そしてグランドスラムで30回目(史上最多)の決勝進出を決めた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)