見たかハリル、香川真司がファインゴール。でも表情が冴えないのは…

見たかハリル、香川真司がファインゴール。でも表情が冴えないのは…

見たかハリル、香川真司がファインゴール。でも表情が冴えないのは…の画像

「香川真司がビューティフルボレーで今季5点目!」――そんな見出しがネット上に踊っている。ブンデスリーガ第20節、ドルトムント対フライブルク戦の9分にあげた香川の先制ゴールは確かにきれいなものだった。


フライブルク戦で先制ゴールを決めた香川真司(ドルトムント)

 フライブルクのゴール前で混戦になった末、ウカシュ・ピスチェクが右から放ったシュートを、至近距離のディフェンダーがスライディングでブロック。そのボールがもうひとりのディフェンダーに当たった後、香川にところにふわりと浮いてこぼれてきた。

 だが、このゴールについて香川は「うまくこぼれてきたので、ふかさないように意識しましたけど……」と短く触れただけだった。いいポジションに入れるようになったのは確かだし、冷静にシュートを打てたというのも間違いないが、試合後の香川の心中を占めていたのはそれではなかったのだ。

「負けに等しい引き分けじゃないかな、感じ的には」

 香川はいつになく短いセンテンスで試合を振り返った。ドルトムントは9分に先制しながら、一時は逆転され、90分にようやく追いついた。ふがいない試合に、自然とため息が混じる。昨シーズンも、その前のシーズンも2勝している相手に、今季は勝てないもどかしさが滲み出ている。

 先制点までは悪くなかった。

「いい入りしたと思いますし、特に右からうまく攻め込めていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)