桜花賞へ向けオルフェ産駒の評価が激変。3歳牝馬「最新ランキング」

桜花賞へ向けオルフェ産駒の評価が激変。3歳牝馬「最新ランキング」

桜花賞へ向けオルフェ産駒の評価が激変。3歳牝馬「最新ランキング」の画像

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第2弾)

 オルフェーヴル産駒の重賞馬2頭が有力視された昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)は、その1頭である2番人気のラッキーライラックが優勝。3戦無敗で2歳女王の座に就いた。

 1番人気に推されたもう1頭、ロックディスタウンは好位からレースを進めるも、直線で伸びを欠いて9着と完敗。注目の対決は、明暗が大きく分かれる結果となった。


阪神JFで鮮やかな勝利を飾ったラッキーライラック(左)



 さらに、年明けも3歳牝馬戦線の勢力図は目まぐるしい変化を見せている。パソコン競馬ライターの市丸博司氏が語る。

「牝馬のクラシック路線は、阪神JFで一気に勢力図が変わって、年明けのフェアリーS(1月7日/中山・芝1600m)でプリモシーン(父ディープインパクト)が勝ったところで、おおよその大勢は確定したかのように見えました。ところが翌日、1月8日のシンザン記念(京都・芝1600m)で、なんと牝馬がワンツーフィニッシュ。牝馬戦線はここに来てもなお、大きな変革の波が押し寄せてきていて、まだまだ予断を許さない状況にあります」

 そうした状況の中、来週にはクラシックへの関連性が強いクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)が開催される。そこでもまた、新たな有力馬の台頭があるのか、非常に気になるところだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)