「点の獲り方がわからない」久保裕也。エゴ優先のチームでスランプに

「点の獲り方がわからない」久保裕也。エゴ優先のチームでスランプに

「点の獲り方がわからない」久保裕也。エゴ優先のチームでスランプにの画像

 久保裕也の所属するゲントは、1月21日にウインターブレーク明けの初戦でロケレンを3−0で破ると、24日にアントワープと1−1で引き分け、28日には首位を独走するクラブ・ブルージュを2−0で倒した。


ゲントの久保裕也は現在、6試合連続でノーゴール

 ベルギーリーグの第24節を終えた時点で、ゲントは勝ち点39の4位。クラブ・ブルージュとの差は勝ち点18と、ゲントにとって彼らの背中はまだまだ遠い。

 それでも、3月から始まる「プレーオフ1(※)」では現行のレギュラーシーズンの勝ち点が半分になるため、ゲントは2位のシャルルロワ(勝ち点46)と3位のアンデルレヒト(勝ち点45)を射程圏内に捉えたと言えるだろう。
※プレーオフ1=レギュラーシーズンの1位から6位までの計6チームで行なわれるホーム&アウェーの総当たり戦。レギュラーシーズンでの勝ち点の半分が持ち点としてスタートし、プレーオフ1終了時にもっとも多い勝ち点のチームが優勝となる。

 10月半ばまで14位と極度の不振にあえいでいた「バッファローズ(ゲントのニックネーム)」にとって、ターニングポイントは10月14日のベフェレン戦(2−0でゲントの勝利)からイベス・ファンデルハーゲ監督が指揮を採り始めたことだった。

 前任のハイン・ファンハーゼブルック監督(現アンデルレヒト)は戦術・選手起用を毎試合のようにいじくるタイプだったが、ファンデルハーゲ監督はフォーメーション(4−2−3−1)も起用するメンバーもある程度固定し、それが功を奏している。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)