東京新聞杯は、「穴馬の方程式」にカッチリはまる3頭が猛威をふるう

東京新聞杯は、「穴馬の方程式」にカッチリはまる3頭が猛威をふるう

東京新聞杯は、「穴馬の方程式」にカッチリはまる3頭が猛威をふるうの画像

 東京競馬場のマイル戦と言えば、実力が如実に表れるコースとされてきた。つまり、実力どおり、実績どおりの堅い決着が多いという定説である。

 しかし、2月4日に行なわれるGIII東京新聞杯(東京・芝1600m)の歴史を振り返ってみると、決してそんなことはない、ということがわかる。

 なにしろ、過去10年の結果を見ても1番人気の勝利はゼロ。2012年には8番人気のガルボが勝利し、2014年も8番人気のホエールキャプチャが金星を挙げている。

 2008年にいたっては、6番人気のローレルゲレイロが1着となり、2着に13番人気のリキッドノーツ、3着に12番人気のタマモサポートが入って、3連単の配当が250万円を超える大波乱となったのだ。

 ならば、今回も過去10年で穴を開けた馬をピックアップ。それらに似た伏兵馬を探し出して、高配当を狙ってみたい。

 まず着目したいのは、東京マイル、それもGI戦での実績を持つ馬の逆襲だ。

 先述した2014年のホエールキャプチャは、2年前(2012年)のGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を制覇。2013年の同レースでも2着に食い込んでいたが、そのレースぶりに波があり、牡馬混合戦では目立った成績を残していないこともあって、人気の盲点になった。

 また、2015年に9番人気で2着となったアルフレードも、3年前(2012年)の3歳時にGI NHKマイルC(東京・芝1600m)で2着と好走していたが、のちにケガをして1年半もの間、戦線離脱。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)