さらば、サムライ。長友佑都にインテル選手&番記者が惜別メッセージ

さらば、サムライ。長友佑都にインテル選手&番記者が惜別メッセージ

さらば、サムライ。長友佑都にインテル選手&番記者が惜別メッセージの画像

 コッパイタリアのタイトルと公式戦210試合出場の記録、そして多くの笑顔を残して、長友佑都はインテルを去っていった。1月31日は、彼がチェゼーナからインテルに来て、きっかり7年目でもあった。

 ガラタサライへは半年間のレンタル移籍だから、別れの挨拶は「また会おう」のはずなのだが、残念ながらこれが実質的な「さよなら」であることはほぼ確実だろう。長友は、契約上は7月1日にミラノに戻ってくることになっているが、インテルとの契約があと1年(2019年6月30日まで)では、彼が再びネラッズーロのユニホームでプレーする姿を見るのは難しいだろう。


ガラタサライ(トルコ)に移籍した長友佑都 photo by AFLO



 今回の移籍は電撃的だったが、予想できないものではなかった。インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、28日のスパル・フェッラーラ戦前の記者会見でこう言っていた。

「ユウトは真のプロで、円熟した人間だ」

 この言葉の裏には、もし継続的にプレーすることを望むなら、新しいチームを探したほうがいいというメッセージが込められていた。

「ロシアW杯で戦いたい」というのは長友の強い願いである。そのため正月休暇の終わった1月14日、長友はスパレッティと話をするため、彼のオフィスを訪れた。話の内容はおおむねこんなものだったのだろう。

長友 自分はインテルのために多くの貢献をしてきたし、これからもしていくつもりです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)