香川真司、早くも大爆発の新相棒バチュアイを「一緒に崩せる」と絶賛

香川真司、早くも大爆発の新相棒バチュアイを「一緒に崩せる」と絶賛

香川真司、早くも大爆発の新相棒バチュアイを「一緒に崩せる」と絶賛の画像

 冬の移籍市場がクローズして最初の試合で、ドルトムントはその成果を見せつけることに成功した。

 ブンデスリーガ第21節ケルン対ドルトムント。最下位のケルンが相手とはいえ、ドルトムントは2−3で勝利を収め、4試合ぶりの、そして2018年に入ってから最初の白星をあげた。
 ドルトムントの3点のうち2点は新加入のミシー・バチュアイが決めたもの。勝ち越しゴールはアンドレ・シュールレが決めたが、アシストはバチュアイだった。チェルシーから加入してまだ3日目の期待のフォワードが、早くも結果を出したのだ。


フル出場した香川真司と新加入のミシー・バチュアイ(右)

 ドルトムントにとって、今回のオーバメヤンのアーセナルへの移籍劇は痛しかゆしだった。

 オーバメヤンは、例えばミラノでのパーティに参加して週明けのミーティングに遅刻し、試合メンバーに入れてもらえないことがあるような選手だった。よくいえばマイペースなのだが、どう見ても規律を乱すタイプではあった。今回の移籍前も、移籍の希望が叶えられないからといって練習参加を拒否したり、バルセロナに移籍した仲のいいウスマン・デンベレのユニフォームを着て友人らと楽しんでいる姿が写真に収められたり、お騒がせ男ぶりを発揮していた。

 その一方で、ピッチではドルトムントのエースとして圧倒的な存在感でチームに君臨していた。昨季のリーグ得点王であり、今季も前半戦は16試合で13得点と、得点ランクでロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)を追っていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)