「超変革」を断行したジェイソン・デイ。世界1位奪還へ、すぐに成果

「超変革」を断行したジェイソン・デイ。世界1位奪還へ、すぐに成果

「超変革」を断行したジェイソン・デイ。世界1位奪還へ、すぐに成果の画像

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス
 ファーマーズ・インシュアランス・オープン(1月25日〜28日/カリフォルニア州)は、ジェイソン・デイ(オーストラリア)が月曜日の朝に持ち越されたプレーオフを制して、ツアー通算11勝目を挙げた。


およそ20カ月ぶりにツアー優勝を飾ったジェイソン・デイ(右から3番目)



 最終日、通算10アンダーで、デイ、アレクサンダー・ノレン(スウェーデン)、ライアン・パーマー(アメリカ)の3人がトップに並んでプレーオフに突入。ひとホール目でパーマーが脱落したが、デイとノレンの戦いはその後も決着がつかず、5ホールを終えたところで日没順延となった。

 翌朝に再開されたプレーオフのひとホール目。18番パー5のセカンドショットで、グリーンまで残り256ヤードのノレンは3番ウッドで果敢に2オンを狙った。だが、ボールはわずかに届かず、土手から転がって手前の池に落ちてしまった。

 一方、ティーショットを右のラフに入れたデイはレイアップ。残り85ヤードの第3打を、ロブウェッジでピンそば60センチにぴたりとつけて難なくバーディーパットを奪った。ノレンとのプレーオフは6ホールに及び、日をまたぐ熱戦となったが、この日はわずか14分での決着となった。

 2016年のプレーヤーズ選手権以来、およそ20カ月ぶりの優勝を飾ったデイ。彼にとって、この勝利には大きな意味がある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)