日本男子テニスは「錦織抜き」で十分戦える。デ杯惜敗で見えた光明

日本男子テニスは「錦織抜き」で十分戦える。デ杯惜敗で見えた光明

日本男子テニスは「錦織抜き」で十分戦える。デ杯惜敗で見えた光明の画像

 2月2〜4日に、岩手・盛岡タカヤアリーナで開催された男子テニス国別対抗戦デビスカップ(以下デ杯)・ワールドグループ(以下WG)1回戦で、日本(ITF国別ランキング16位)は、1勝3敗でイタリア(9位)に敗れて、2014年以来のWGベスト8進出はならなかった。


日本代表チーム。左からマクラクラン勉、内山靖崇、添田豪、ダニエル太郎、杉田祐一、岩渕聡監督

「本当に悔しさはすごくありますけど、ネガティブな考えになることは何もないというか、かなり得るものが多かった対戦になった。各選手、課題ももちろん見つかっただろうけど、得た自信もかなり多かったと思います」

 このように岩渕聡デ杯日本代表監督が振り返ったように、日本は負けたものの、ようやくWGに属する国らしいプレーができた大会であったといえる。

 2012年以降、日本は2013年に一度、アジア・オセアニアゾーンIに降格しただけで、今季は6回目のWGでの戦いになったが、つい2〜3年前のWGでは錦織圭(ATPランキング27位、1月29日付け、以下同)だけしか勝利を見込めなかった。

 だが、今回のイタリア戦では、杉田祐一(41位)がWGの試合で初めて、エースにあたる”シングルス1”の重責を任され、ここ約半年の間にATPツアーで急成長した実力を遺憾なく発揮してみせた。

 イタリア戦の初日には、シングルス2のアンドレアス・セッピ(78位)を、4−6、6−2、6−4、4−6、7−6(1)で破った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)