共同通信杯は「血の連鎖」に注目! 実績も十分のグレイルで鉄板だ!

共同通信杯は「血の連鎖」に注目! 実績も十分のグレイルで鉄板だ!

共同通信杯は「血の連鎖」に注目! 実績も十分のグレイルで鉄板だ!の画像

 今週末11日に、東京で3歳馬の重賞・GIII共同通信杯(芝1800m)が行なわれる。2012年1着ゴールドシップ、2014年1着イスラボニータ、2015年2着ドゥラメンテ、2016年1着ディーマジェスティと、出走馬から過去6年で4頭の皐月賞馬が出ており、春のクラシック戦線に直結する重要なレースだ。

タイムフライヤーを差し切って、京都2歳Sを制したグレイル

 今年のメンバーの中でまず中心視されるのがグレイル(牡3歳/野中賢二厩舎)だろう。菊花賞デーの昨年10月22日、雨の中の不良馬場芝2000m戦を2分12秒9というタイムで優勝。続く京都2歳S(11月25日/京都・芝2000m)では上がり3F(ハロン)34秒0の瞬発力を発揮し、2分01秒6のタイムで勝利した。新馬戦の不良馬場、京都2歳Sの良馬場と、11秒以上も勝ちタイムが異なる両極端なレース条件を難なくこなした対応力とその能力は、クラシックの中心的存在に相応しいと言えるだろう。

 京都2歳Sで2着に破れた相手は、後にGIホープフルSを勝利するタイムフライヤー。当時、前走でOP萩Sを勝ち、キャリア3戦を数えていた同馬は京都2歳Sでも勝ちパターンに持ち込んでいたが、キャリア1戦のグレイルはそれを上回る瞬発力で差し切ったのだ。同レースは3着馬のケイティクレバーがOP若駒Sを3馬身差で圧勝、4着馬のアイトーンが福寿草特別を勝利と、強い相手が揃っており、その比較でもここでは中心になりそうだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)