2強に待った! エライことになってきた3歳牡馬「最新ランキング」

2強に待った! エライことになってきた3歳牡馬「最新ランキング」

2強に待った! エライことになってきた3歳牡馬「最新ランキング」の画像

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

 昨年末に東西で行なわれた2歳牡馬GI戦は、朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)がダノンプレミアム(牡3歳/父ディープインパクト)、ホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)がタイムフライヤー(牡3歳/父ハーツクライ)と、ともに重賞で活躍してきた馬が勝利した。


朝日杯FSを制して2歳王者に輝いたダノンプレミアム

 その後、明け3歳の牡馬戦線として注目される重賞は、ここまで3つ行なわれてきた。GIIIシンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)、GIII京成杯(1月14日/中山・芝2000m)、そして先日のGIIIきさらぎ賞(2月4日/京都・芝1800m)である。

 さらにこの週末には、東の「クラシックの登竜門」と言われるGIII共同通信杯(2月11日/東京・芝1800m)が控えているが、徐々にクラシックの有力候補が出そろいつつある3歳牡馬の、現時点での『Sportivaオリジナル番付(※)』をここで発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)