ハリルに朗報! 長谷部誠がフランクフルトで復活、ドイツ杯を快進撃

ハリルに朗報! 長谷部誠がフランクフルトで復活、ドイツ杯を快進撃

ハリルに朗報! 長谷部誠がフランクフルトで復活、ドイツ杯を快進撃の画像

 ドイツ杯準々決勝。フランクフルトは3−0でマインツを下し、準決勝進出を決めた。フランクフルトはあとひとつで2年連続の決勝進出となる。

 この試合にフランクフルトの長谷部誠はフル出場、マインツの武藤嘉紀はベンチ外だった。

 マインツ公式日本語ツイッターによれば、武藤には「筋肉の問題」があるという。昨年11月のケルン戦で対人プレーによって痛めた腰の痛みが再発したということのようだ。ただし重症というわけではない。試合前日のサンドロ・シュヴァルツ監督の会見では、状態次第で出場もあり得るとのことだったが、間に合わなかったのだろう。アウェーのフランクフルト戦での長谷部との対戦を、武藤自身も楽しみにしていただけに残念だ。


ドイツ杯準々決勝マインツ戦にフル出場、勝利に貢献した長谷部誠

 長谷部は昨季、ドイツ杯の準々決勝を発熱で欠場。それ以降もケガで出場していない。ベルリンで行なわれたドルトムントとの決勝は、現地におもむいたが出場はかなわなかった。「決勝のあの雰囲気というのは最高ですし、その中でプレーしたいという気持ちもやっぱりある」と、早くも決勝に思いを馳せる。

 その長谷部だが、 2018年に入ってこれで5戦連続フル出場を果たしている。

 ちなみに昨年末は12月3日の第14節ヘルタ・ベルリン戦に出場したのを最後に、残り3試合は出場することなくリーグ戦を折り返した。その頃は古傷の右膝が不安定で、本人も「自分でも膝に聞かないと状態はわからない」「毎日状態は違う」「(古傷と)つきあっていくしかない」などと話しており、容易な状況でないことがうかがえた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)