マドリーかパリか。CL大一番の展開を、欧州人より詳しい3人が予測

マドリーかパリか。CL大一番の展開を、欧州人より詳しい3人が予測

マドリーかパリか。CL大一番の展開を、欧州人より詳しい3人が予測の画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.8
 2017-2018シーズンの後半戦、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、その世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。
 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)、決勝トーナメント注目のカードである、パリ・サンジェルマン対レアル・マドリードの展望。調子の上がってこないロナウドは、移籍したネイマールは? 両監督の采配は? 3人が展開を予測しました。
連載記事一覧はこちら>>
――今回は、CL決勝トーナメント1回戦の中から、まずは最大のビッグマッチ、マドリー対パリ(第1戦;2月14日、第2戦;3月6日)からお願いします。

ホームでの大一番でロナウドはゴールを決められるか?

中山 このカードを展望するうえで最も大きなポイントになるのは、大不振に陥っているマドリーがパリ戦までに復調できるのかどうか、ということだと思います。
その点で言うと、ラ・リーガ第20節(1月21日)のデポルティーボ戦からジネディーヌ・ジダン監督がイスコをトップ下に置いた4−4−2から、昨季までの4−3−3にシステム変更したことで、少し変化の兆しが現れているのは間違いないと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)