香川に挨拶できなかった酒井高徳。新監督の「主将はゴウ」でスッキリ

香川に挨拶できなかった酒井高徳。新監督の「主将はゴウ」でスッキリ

香川に挨拶できなかった酒井高徳。新監督の「主将はゴウ」でスッキリの画像

 ブンデスリーガ第22節、ドルトムント対ハンブルガーSVは、ドルトムントが2−0で勝利を収めた。ドルトムントは長らく不調に陥っていたが、これで単独3位に浮上。一方のハンブルガーSVは17位で変わらず、だいたい例年通りの成績となっている。

 ドルトムント側のトピックスとしては、マルコ・ロイスが259日ぶりに試合に復帰したことが挙げられる。しかもいきなりの先発で、キャプテンマークを巻いての出場にスタジアムは湧いた。また、新加入ミシー・バチュアイがホームで初出場。2試合連続の得点を挙げ、得点後には先代のバットマンであるオーバメヤンを彷彿とさせるバク宙を見せ、ファンを喜ばせた。

 しかし、先発した香川真司は67分に負傷で交代した。ペナルティエリア手前で横にパスを送った直後、バランスを崩すようにして倒れ、自らピッチを退いた。ベンチ前で手当てを受けていたのは左足首。特に相手の寄せが厳しかったわけでもないシーンで倒れ、珍しく自ら退いたことは気がかりだが、W杯シーズンゆえに大事をとったと思いたい。


ドルトムント戦で香川真司とマッチアップする酒井高徳(ハンブルガーSV)

 試合後、香川に挨拶をしようと、ハンブルガーの酒井高徳はドルトムントのロッカーに向かったが、すぐに引き返してきた。香川はすでに不在だったのだ。広報の発表では病院には行かないということだったが、実際はどうだろうか。

 一方のハンブルガーSVはマルクス・ギズドル前監督が解任され、1月22日、ベアント・ホラーバッハが新監督に就任した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)