大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した

大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した

大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌したの画像

【短期連載・ベンゲルがいた名古屋グランパス (5)】

(1)(2)(3)(4)から読む>>

大岩剛のサッカー人生を変えたコンバート

 左サイドバックが本職だった大岩剛(ごう)がセンターバックにコンバートされたのは、フランスキャンプを終え、6月7日に西京極で行なわれたパリ・サンジェルマンとのペプシカップの際だった。そのとき、大岩はアーセン・ベンゲルから何かを言われたわけではない。遠い記憶を引っ張り出すようにして、大岩は語る。

「試合前にセンターバックに入るように指示されただけ、だったと思います。そこで理由を説明されたわけではなかったし、僕から聞きに行くこともなかった。センターバックにケガ人が出ていたし、僕自身も試合に出られていなかったので、どのポジションだろうとやるしかない。そんな心境だったと思います」


コンバートされたセンターバックで頭角を現した大岩剛(右)photo by AFLO

 清水商業高校から筑波大学に進学した大岩は、1995年に名古屋グランパスに加入した。

 Jリーグでは当時、控えチームによるサテライトリーグが行なわれていた。そのため、クラブは2チームを編成できるだけの選手数を保有していて、ポジション争いは極めて熾烈(しれつ)を極めた。

「あの頃、グランパスには40人くらいの選手がいたのかな。左サイドバックだけでも小川(誠一)さん、小杉(敏之)さん、加藤(泰明)、津島(三敏)とたくさんいた。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)