【木村和久連載】突っ込みどころ満載。ゴルフの「どんくさい」あるある

【木村和久連載】突っ込みどころ満載。ゴルフの「どんくさい」あるある

【木村和久連載】突っ込みどころ満載。ゴルフの「どんくさい」あるあるの画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第142回

 俗に言う「どんくさい」という言葉ですが、これは上方の言葉で「間が抜けている」「のろまである」「ダサい」という意味で使われます。

 じゃあ、ゴルフ場にはどんくさいコースってあるのでしょうか。あるいは、自らがゴルフ場でどんくさいことをしていないか、検証してみたいと思います。

 ゴルフにおけるどんくさいの”鉄板ネタ”と言えば、トイレ問題。ゴルフ場にはトイレが相当数あるにもかかわらず、朝は「大」のほうがいっぱいになっていることがよくあって、”どんくさい事件”がしばしば発生します。

 例えば……。

 外でパターの練習をしていたら突然、お腹に差し込みが襲ってきたりします。

「これはいかん。早くトイレに行かないと……」

 そう思って、すかさず”欽ちゃん走り”で内股に力を入れて、トイレにかけ込みます。が、個室は全部使用中。ガ〜ン!

「まずい、何とかしないと……」

 額に脂汗を浮かべ、気持ちは焦るばかりですが、扉をひとつひとつ確認しながら”空き部屋”を探していきます。すると、奇跡的に一番奥の個室が空いているではないですか!

「やったぁ! 朝から幸先いいぞ!」

 なんて思って中をのぞいて見ると、なんとそこは和式のトイレ!?

 名門コースなどでは、和式トイレが好きな古参メンバーの強い要望で、ひとつだけ残している場合があるんですよね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)