ジダンも笑顔。「ダメかも」と言われたレアルがCLでパリSGを粉砕

ジダンも笑顔。「ダメかも」と言われたレアルがCLでパリSGを粉砕

ジダンも笑顔。「ダメかも」と言われたレアルがCLでパリSGを粉砕の画像

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦。パリ・サンジェルマン戦後の記者会見で、レアル・マドリード監督ジネディーヌ・ジダンの顔には自然と笑みがこぼれていた。

 すでに国王杯ではレガネスの前に敗退。リーガでも首位バルセロナとは(1試合少ないものの)勝ち点差17の4位と、可能性は残っているとはいえ、2連覇は厳しい状況に追い込まれている。そんなレアル・マドリードにとってCLは今シーズン唯一の残された希望だった。

 だが、対戦相手はネイマール、キリアン・ムバッペ、エディソン・カバーニの3トップでフランスリーグを席巻中のパリSG。CLでもグループリーグで25点を記録するなど、圧倒的な攻撃力を誇る。これにはスペインメディアでさえ、波に乗り切ることのできないレアル・マドリードの劣勢を予想していた。

 3対1。それはレアル・マドリードにとって、第2戦に向けて大きなアドバンテージを手にする結果だ。それだけではない。ジダン率いるチームが、今シーズン失っていたものが、戻ってきた試合だった。


パリSG戦で2ゴールを決め、勝利に貢献したクリスティアーノ・ロナウド

 この日はリーガで決定力不足に悩んでいるクリスティアーノ・ロナウドが、得意とするCLで爆発した。

 その2得点は、PKによる同点弾と、GKが弾いたボールがヒザに当たってゴールラインを越えた勝ち越しの2点目。決して美しいゴールではなかったが、クリスティアーノ・ロナウドはこの1点目でレアル・マドリードでのCL通算100得点を達成。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)