なんと11年ぶり。杉田祐一が5セットを戦い抜いて勝ったことの意味

なんと11年ぶり。杉田祐一が5セットを戦い抜いて勝ったことの意味

なんと11年ぶり。杉田祐一が5セットを戦い抜いて勝ったことの意味の画像

 3時間28分の死闘の末にもぎ取ったその勝利は、彼にとって実に11年ぶりとなる5セットマッチのフルセット勝利であった――。

 デビスカップ、対イタリア戦のシングルス第2試合。エースが敗れれば崖っぷちに追い込まれるその一戦で、杉田祐一は終始リードしながら追い上げられる、精神的に苦しい戦いを強いられた。


11年ぶりにフルセットで5セットマッチを制した杉田祐一

 第5セットではマッチポイントに追い詰められるも、強打がライン際を叩くほどの勇気を示し、この最大の危機を切り抜ける。命運をかけたタイブレークでは、ひとり静謐(せいひつ)な別空間にいるかのような集中力で、相手に1ポイントしか与えず一気に勝利まで走り切った。

 11年前――。杉田が掴んだキャリア最初の5セットの勝利も、やはりデビスカップで手にしたものだ。

 デビュー戦となる中国戦で、いきなり演じた3時間40分の死闘の末に掴んだ殊勲の星。時に杉田は、高校卒業を控えた18歳。激闘を物語る7−6、0−6、6−7、6−3、6−4のスコアは、当時の「日本デビスカップ史上最年少勝利」としても記録に刻まれた。

 その初勝利と今回の2勝目との間に横たわる11年の歳月は、杉田のキャリアをそのまま映しているとも言える。テニスの公式戦で5セットマッチが採用されているのは、基本的にデビスカップとグランドスラムのみ。つまりは各国を代表するひと握りの選手か、あるいはグランドスラムに継続的に出場できる世界100位内の”トップランカー”でなければ、5セットマッチの経験を踏むことすら困難なのが現状だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)