DeNA捕手3人の快記録より「黒羽根のトレード」をコーチは喜んだ

DeNA捕手3人の快記録より「黒羽根のトレード」をコーチは喜んだ

DeNA捕手3人の快記録より「黒羽根のトレード」をコーチは喜んだの画像

【連載】チームを変えるコーチの言葉〜横浜DeNAベイスターズ バッテリーコーチ・光山英和(3)
(前回の光山コーチ記事はこちら)


他球団が欲しがる捕手を育てたいと語るDeNA光山英和コーチ(写真左)

 大洋ホエールズ時代の1960年以来57年ぶり、プロ野球記録に並ぶ3試合連続のサヨナラ勝ち――。「2017年のDeNAで最も印象に残るシーンを挙げよ」と言われたら、この8月22日からの対広島3連戦を想起するファンは多いだろう。

 しかし、横浜DeNAベイスターズバッテリーコーチの光山英和にとっては、同じ3試合連続ならサヨナラより完封だったかもしれない。9月3日の対巨人戦に1対0、同5日の対ヤクルト戦に4対0、同6日の対ヤクルト戦に1対0という3試合連続の完封勝利だ。

 ましてスタメンマスクは、1試合目から城俊人、嶺井博希、戸柱恭孝の順番で日替わりだった。城は専任でバッテリーを組む濱口遥大、嶺井はウィーランド、戸柱は若手の飯塚悟史という先発投手を引っ張り、それぞれが救援陣の好投も引き出しての3試合連続無失点リレー。

 DeNAの3試合以上連続完封勝利は横浜時代の01年以来16年ぶり8度目だが、異なる3捕手での3連続無失点リレーは球団史上初。プロ野球史上でも2リーグ制以降では1963年の阪神(8月8日〜10日/戸梶正夫、辻佳紀、福塚勝哉)に次いで54年ぶり2度目だった。

 価値ある記録を作ったDeNAの捕手3人体制。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)