CLチェルシー対バルサ。コンテ監督の心理がわかる3人が戦術を読む

CLチェルシー対バルサ。コンテ監督の心理がわかる3人が戦術を読む

CLチェルシー対バルサ。コンテ監督の心理がわかる3人が戦術を読むの画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.9
 2017-2018シーズンの後半戦、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、その世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。
 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)、決勝トーナメントもうひとつの注目カードである、チェルシー対バルセロナ。今シーズン好調のバルセロナをホームに迎えるチェルシーは、攻めるのか、守るのか。コンテ監督はどのような戦術を採用するのか? メッシ対策をどうするのか? 欧州サッカーに詳しすぎる3人が予想しました。
連載記事一覧はこちら>>

チェルシーとの対戦でゴールのないメッシは今度こそ得点を決めるか



――今回の決勝トーナメント1回戦で、もうひとつの注目カードとなっているチェルシー対バルセロナ(第1戦;2月20日、第2戦;3月14日)についてはいかがでしょう? 現在は両チームの状況がかなり対照的になっていますが、この対戦の見どころはどんなところにありますか?
中山 確かに順風満帆なバルサに対して、最近のチェルシーは絶不調と言っても過言ではない状況にあります。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)