中山記念は「そだねー」と納得の穴馬3頭が金メダル級の激勝を飾る!

中山記念は「そだねー」と納得の穴馬3頭が金メダル級の激勝を飾る!

中山記念は「そだねー」と納得の穴馬3頭が金メダル級の激勝を飾る!の画像

 2月25日に行なわれるGII中山記念(中山・芝1800m)は、マイル戦を主戦場にする馬、2000m前後の中距離戦を得意とする馬、どちらも参戦してくるため、ハイレベルかつ濃厚なメンバー構成になりやすい。

 今年もそんな趣(おもむき)になりそうだが、そうした舞台にあっても”荒れる”ことがあるのが、競馬の面白いところだろう。

 2010年には、不良馬場の影響もあったかもしれないが、13番人気のトーセンクラウンが1着、12番人気のテイエムアンコールが2着に入って、大波乱となった。馬連は1万8080円の万馬券となって、3連単も53万4940円という高配当をつけた。

 その他、7、8番人気の穴馬が馬券圏内(3着以内)に絡むことが多く、昨年も2着に8番人気のサクラアンプルール、3着に7番人気のロゴタイプが入って、3連単の配当は30万円を超えている。

 ということで、今回も過去10年の結果と傾向を参考にして、穴馬候補を探してみたい。

 まず目につくのは、重賞実績の豊富なベテランの激走である。

 2008年には、7番人気のエイシンドーバーが2着となった。同馬は前年にGIIとGIIIで勝利を挙げていたが、その後、勝ち星から遠ざかっていて、明け6歳とベテランの域にさしかかってきていたため、人気が落ちていた。

 2012年に7番人気で2着、2013年にも8番人気で3着に入ったシルポートも同様だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)