少頭数の中山記念。ショウナンバッハをからめて配当をグングン増やす

少頭数の中山記念。ショウナンバッハをからめて配当をグングン増やす

少頭数の中山記念。ショウナンバッハをからめて配当をグングン増やすの画像

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 2月の競馬も最終週。春の訪れを少しずつ感じるようになってきましたが、まだまだ寒い日もありますね。

 今週から開催が替わり、関東は東京から中山へと舞台を移します。開幕週の重賞は、今年で92回目となる伝統の中山記念(2月25日/中山・芝1800m)です。

 少しずつ暖かくなってきて、春の大舞台を目指す有力馬が始動する時期を迎え、距離が1800mということもあり、中距離とマイルを得意とする実力馬が集結します。

 また、約1カ月後にドバイ・ワールドカップデーが開かれることもあって、同舞台への遠征を予定しているトップクラスの馬がここをステップレースとして使ってくるケースも多くみられます。

 近年でも、ヴィブロス、リアルスティール、ドゥラメンテ、ジャスタウェイなどがここをステップにしてドバイで好走。まさしく壮行レースといった趣(おもむき)がありますね。

 さらに、昨年から大阪杯(阪神・芝2000m)がGIに格上げされて、中山記念の勝ち馬に優先出走権が与えられるようになりました。このレースが重要なトライアルとしての位置づけにもなって、大舞台を目指す素質馬も集まるようになりました。

 ただ今年は、エアスピネルをはじめ、有力馬が次々に回避。少頭数の争いになってしまいました。

 その分、例年に比べると手薄なイメージに映るかもしれませんが、昨秋のGIマイルCS(11月19日/京都・芝1600m)の勝ち馬ペルシアンナイト(牡4歳)を筆頭に、牝馬ながら昨年のドバイターフを制したヴィブロス(牝5歳)、昨年のGINHKマイルC(5月7日/東京・芝1600m)の覇者アエロリットと、GI馬3頭が出走。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)