昨年200万超の阪急杯。穴党記者が「今年はこの6頭で稼げ」と叫ぶ

昨年200万超の阪急杯。穴党記者が「今年はこの6頭で稼げ」と叫ぶ

昨年200万超の阪急杯。穴党記者が「今年はこの6頭で稼げ」と叫ぶの画像

 2月25日に行なわれるGIII阪急杯(阪神・芝1400m)。GI高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)の重要な前哨戦のひとつとなるが、短距離とマイルの中間距離のレースゆえ、それぞれの距離を得意としたメンバーが集結。一筋縄ではいかない一戦と言える。

 そういう意味では、波乱の要素も十分にある。今年は、一昨年、昨年とGIスプリンターズS(中山・芝1200m)で連覇を達成し、昨年のGI安田記念(東京・芝1600m)でも3着に入ったレッドファルクス(牡7歳)、フランケル産駒の上がり馬モズアスコット(牡4歳)あたりが有力視されるが、それら人気馬同士で決着するとも限らない。

 現にスポーツ報知の坂本達洋記者は、V候補の最右翼レッドファルクスを疑問視。その脚質面に不安があるという。

「阪神の開幕週ですから、セオリーとしては逃げ、先行馬を狙っていきたいですね。逆に、実績最上位のレッドファルクスは差し、追い込み馬。ここは高松宮記念を見据えた”叩き台”といった雰囲気も強いですから、脚質的に取りこぼす可能性はあります」

 モズアスコットについても、日刊スポーツの太田尚樹記者が「陣営からは勝負気配を感じる」と言うものの、「全幅の信頼を置くのはどうか……」と懸念を示す。

「前走が今回と同じ舞台で行なわれたGII阪神C(12月23日)で4着。その分、ここに向けて『今のままでは安田記念に行けない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)