あのワグネリアンが「よりダイナミックになった」との情報をキャッチ

あのワグネリアンが「よりダイナミックになった」との情報をキャッチ

あのワグネリアンが「よりダイナミックになった」との情報をキャッチの画像

2018年クラシック候補たち
第4回:ワグネリアン

 中央競馬では2歳牡馬のGIがふたつある。GI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)と、GIホープフルS(中山・芝2000m)である。当然ここで上位に来た馬は、翌年の3歳クラシックの有力候補に挙げられる。

 だが、どちらのGIにも出走していない馬が今年、今春の3歳クラシックの”主役”を担おうとしている。

 栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎に所属するワグネリアン(牡3歳/父ディープインパクト)だ。


休養を経て一段と成長したというワグネリアン

 ここまで3戦3勝の同馬は、各レースで圧巻のパフォーマンスを披露し、一躍世代の中心的な存在として注目されるようになった。

 デビュー戦は、昨夏の2歳新馬(7月16日/中京・芝2000m)。結果はわずかハナ差の辛勝だったが、この勝利だけで全国的にその名を知らしめた。

 というのも、負かした相手がデビュー前から「クラシック候補」と騒がれていた素質馬ヘンリーバローズだったからだ。

 事実、2頭は熾烈なマッチレースを展開。最終的に3着馬とは5馬身もの差をつけて、多くの競馬ファン、関係者に衝撃を与えた。
 以降の2戦は、文字どおり”楽勝”だった。

 2戦目はオープン特別の野路菊S(9月16日/阪神・芝1800m)に出走。重馬場にもかかわらず、上がり33秒0という強烈な決め手を繰り出して後続をちぎった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)