宇佐美貴史がフル出場&2戦連続ゴール。ブンデス2部で復調していた

宇佐美貴史がフル出場&2戦連続ゴール。ブンデス2部で復調していた

宇佐美貴史がフル出場&2戦連続ゴール。ブンデス2部で復調していたの画像

 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)がドイツ・ブンデスリーガ2部で調子を上げている。2月23日のヤーン・レーゲンスブルク戦では、前節グロイター・フュルト戦に続いて2試合連続ゴールを決めた。

 レーゲンスブルク戦は4−2−3−1の右MFで先発、立ち上がりからロングボールに抜け出す動きを見せるなど、チームのスタイルに順応しようとしていた。試合は3点を先行したにもかかわらず4失点するという荒っぽい展開だったが、宇佐美自身はフル出場を果たしている。

 13分には右サイドでルーズボールに反応し、ポスト前にぴたりとクロスを入れて2点目を演出。そして15分にはロングボールに反応して相手DFの裏に抜け出し、GKの頭上を越す技ありシュートでこの日の3点目を決めた。


レーゲンスブルク戦にフル出場、1ゴール1アシストの活躍を見せた宇佐美貴史

 宇佐美のフル出場は、実に2017年2月17日、アウクスブルク時代のレバークーゼン戦以来となる。そして1ゴール1アシストという複数得点に絡む活躍は、さらにさかのぼって2012〜13シーズンのホッフェンハイム時代に2度あるだけだ。2部の試合とはいえ、ドイツで宇佐美が1試合で出した結果という意味では、最高に近いものを見せた一戦となった。

 試合後の宇佐美はチームが負けているだけに笑顔はなかった。これまでも厳しい表情を見せることが少なからずあった宇佐美だったが、そんなときは同時に、自分の不遇やチームへの割り切れない思いが漏れてきたものだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)